桑名市 斎場 質問 問合せ

おりづるの森HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

【ご臨終】に関するQ&A

Q.急に亡くなったので、まだ葬儀社を決めていません。相談だけでも対応してもらえますか?
A.はい、もちろんです。急なことで動揺もされているでしょうし、不慣れな葬儀はわからないことだらけで「分からないことが分からない」といった状態ではないでしょうか?そういった不安を解消させていただき、ご納得の上で葬儀社を決めていただきたいと思っていますので、お困りのことをおっしゃってください。   お客様がご希望されるのであれば、病院やご自宅までご説明にあがります。

Q.亡くなったことを電話で親戚に伝えたら、すぐに葬儀の日時を聞かれて困りました。葬儀の日程はいつ決まるのですか?
A.弊社にお電話をいただいた際に、希望する式場、希望する日程をお伝えいただければ式場の空き状況や火葬場の空き状況を確認することができます。
しかし、ここで葬儀の日程が決定するわけではありません。お寺様のご都合を確認してから葬儀の日程は決まります。これらの細かなお話は、搬送後に行う打合せのなかで詰めていきますので、ご親戚様には日程が確定してから改めてご連絡をいれていただくのがよいと思います。

【搬送】に関するQ&A

Q.搬送用の車には家族も一緒に乗れますか?
A.ご家族様は2名様までご乗車いただけます。

Q.電話をしてから何分くらいで迎えに来てもらえますか?
A.最短で40分程でお迎えにあがります。場所により多少の前後はございますが、お客様をお待たせしないよう最善を尽くします。なお、ご臨終の後に看護師の方によるお体の処置が30分から1時間ほどございますので、弊社がお迎えにあがる時間を病院と打合せしていただくとより確実です。

【ご安置】に関するQ&A

ご自宅へご安置する場合

Q.どれくらいの広さがあれば自宅に帰してあげられますか?
A.理想は6畳以上のスペースが望ましいと思います。しかし、入院中から自宅に帰りたがっていたなど どうしてもご自宅にお連れしたい場合はご相談ください。ご希望に添えるよう最大限の努力を致します。

Q.自宅に帰ってきたら何を用意すればいいですか?
A.敷き布団を一枚ご用意いただけると助かります。普段お使いになられていたもので構いません。   枕・掛け布団は当社でご用意していますが、お亡くなりになっていた方のこだわりやご家族のお気持がこもった   ものがあれば、そちらを使用しても結構です。

Q.自宅がマンションの5Fなのですが、安置できますか?
A.エレベーターがある場合は、ほとんど可能です。エレベーターがなくても、階段の幅がある程度余裕があれば可能です。また、マンションの場合は部屋の入り口の広さも考慮に入れる必要があります。
もっとも大切なことは、お亡くなりになった方のお体に負担を掛けないことだと思います。通路が狭かったり入口が狭いと、お体を立てなければならなくなり、それがあまりに負担を掛けるようであれば別の場所にご安置することも検討する必要があります。

安置施設へご安置する場合

Q.安置施設を利用する方は、どのくらいの割合ですか?
A.弊社のお客様の場合、20%くらいの方がご利用になられています。

Q.安置施設では、故人と面会できますか?また付き添うことは可能ですか?
A.利用条件は、施設により異なります。 桑名市斎場の安置施設では、お柩にお納めした状態で専用の保冷設備でのご安置となり、ご遺族の付き添い はできません。
弊社の安置施設(四日市市西阿倉川)では、お布団でのご安置で、ご遺族の付き添いが可能です。

【打合せ】に関するQ&A

Q.打合せで必要なものは何ですか?
A.ご印鑑(死亡診断書を役所へ提出する手続きの際に必要となります)
  死亡診断書(病院で発行されます)
  写真(遺影写真を作成するために必要となります)

Q.死亡届(死亡診断書の提出)はいつ、誰が、どこで行うのですか?
A.死亡届は遅くとも通夜の日の午前中までに済ませておくのが理想的です。 また手続きは原則ご遺族の方に行ってもらいますが、地域によっては組の方に依頼する場合もあります。
(弊社が代行する場合、代行手数料を頂戴しております)
窓口はお近くの市役所または市民センターになります。
桑名市の窓口 http://www.city.kuwana.lg.jp/site_article.html?id=12
四日市市の窓口
http://www.city.yokkaichi.mie.jp/home/madoguchi/pdf/madoguchi04.pdf

Q.見積り書は必ず提示してくれるのですか?
A.はい必ずご提示します。弊社では、金銭の不安を取り除くために、ご納得いただいたお見積り書にサインをいただいてから、ご葬儀のお手伝いをします。勝手に打合せを進めたり、商品を追加注文することはいたしませんので、ご安心ください。

Q.葬儀費用はいつお支払すればいいのですか?
A.お通夜当日に必要な現金以外は、全て葬儀後の後払いとなります。葬儀場使用料やお布施などの現金は、お通夜当日に必要となります。お通夜当日に必要な現金は、お打合せ時にしっかりとご説明させていただきますので、ご安心ください。

【ご納棺】に関するQ&A

Q.納棺は必ずお通夜の前にしなければならないのですか?
A.決まりはありませんが一般的にはお通夜の開始までに行うことがほとんどです。大切な儀式なので、出来るだけ多くの方が集まれるタイミングをご相談させていただきます。

Q.白装束は必ず身につけるのですか?
A.白装束は仏教に由来するものですので、葬儀を執り行う宗教によってはお着せしないケースもあります。また、最近では生前好きだった衣服をお召しになる方が増えていらっしゃいますのでご要望があればおっしゃっ てください。

Q.納棺の費用はおいくらですか?
A.弊社社員によるご納棺は別途料金をいただいておりません。なお映画「おくりびと」で話題になった納棺師による納棺サービスもございます。

【通夜】に関するQ&A

Q.一般的に「通夜」と「葬儀」は、どちらのお参りが多いのでしょうか?
A.最近では、「通夜」のほうが多い傾向にあります。  通夜や葬儀といった仏事が、地域の行事の要素が強かった時代には、仕事の合間を抜けて葬儀に参列すること  も可能だったのかもしれませんが、ここ10年程は通夜で済ませて葬儀はご辞退する方が多くなっているようです。

Q.通夜が終わった後の食事はどれくらい用意すればいいですか?正直、検討がつかないのですが…
A.ご用意いただくのは、ご遺族・ご親戚様、組(町内)関係、お寺様が一般的です。
四日市・桑名地域では、ご弔問に来られた方全てに食事を振る舞う習慣は非常に少ないので、どうしても食事を用意されたい場合は持帰り用の物にするなど工夫が必要です。

Q.会社の人に受付をお願いしたいと思っています。何人くらいお願いすれば良いでしょうか?
A.受付の内容にもよりますが、目安としては50名の参列者に対し二人という計算であれば充分足ります。
四日市・桑名地域では、受付の内容は@参列者の記帳案内A香典の受け取りB会葬御礼品の渡しC香典の整理などが一般的です。

Copyright © 2011 桑名の葬儀場おりづるの森 柳屋総本店. All rights reserved