桑名市 斎場 葬儀 準備 手順 料金 見積もり 相談

おりづるの森HOME > 葬儀の流れ

葬儀の流れ

<シーン1 ご臨終>

お亡くなりになられたら、まず弊社にご連絡ください。
やなぎやお客様専用ダイヤル0120−654−211(24時間365日いつでもつながります) 専用車両にてご指定の病院、施設等へお迎えにあがります。

【ご臨終】に関するQ&A

<シーン2 ご搬送>

専用車両にてご指定のお迎え場所からご安置場所までご搬送いたします。
なお、近所の方に亡くなったことを知られたくないという方には、早朝や深夜などの時間を指定したご搬送も可能です。

【搬送】に関するQ&A

<シーン3 ご安置>

ご希望の場所へご安置いたします。
■ご自宅へご安置する場合
仏間があれば仏間にご安置をするのが一般的ですが、お亡くなりになった方のお部屋や普段 使っていたベッドなどにご安置することも可能です。

■安置施設へご安置する場合
ご自宅にお帰りになれない場合は、専用のご安置施設へと搬送致します。
桑名市斎場には霊安室が完備されています。ご利用に関しては弊社にお問合せください。

【ご安置】に関するQ&A

<シーン4 打ち合わせ>

葬儀の日程や時間などのスケジュールを決定し、葬儀の費用に関しての見積りを作成します。
一般的な打合せの内容は以下の通りです。
■故人さまの遺志/ご遺族の希望確認
■葬儀の形式の確認(仏式・神式・キリスト教や無宗教形式)
■規模の確認(予想会葬者数の算出)
■寺院など宗教者への連絡
■火葬場・葬儀式場の予約
■葬儀日時の決定
■受付等の世話役の確認
■お見積り書の作成

【打合せ】に関するQ&A

<シーン5 ご納棺>

亡くなられた方をお柩にお納めする大切な儀式です。
お身内や特に親しい方などにお集まりいただき、弊社スタッフの進行の元、皆様にお手伝いを  いただきながら進めていきます。お柩の中には故人が生前愛用されていた遺品などを一緒にお納めいただきます。

【ご納棺】に関するQ&A

<シーン6 通夜>

通夜は、故人やご遺族と親しい人たちが、故人さまとの別れを惜しみながら、一緒に過ごす最後の夜です。かつては、亡くなった方を悪霊から守るという意味で、文字通り夜を通して故人さまの枕元に付き添っていたものでした。しかし最近では、1〜2時間程度で営むケースが多くなっています。
一般的な通夜のタイムスケジュールは以下の通りです。
■15:00 ご自宅にてご納棺
■16:00 ご自宅を出発
■16:30 式場に到着
■18:00 受付開始
■19:00 通夜開始
■19:30 通夜終了
■20:00 親族の食事

【通夜】に関するQ&A

<シーン7 葬儀・告別式>

「葬儀」はご遺族、ご親戚が故人の冥福を祈る宗教儀式であり 「告別式」はご友人や地域の方がといった関係者が故人との永別を惜しむための儀式です。 かつては分割し営まれていたようですが、現在では「葬儀」と「告別式」を併せて行います。  「葬儀」「告別式」の進行は、宗教・宗派また地域によって異なりますので、当社スタッフが責任を持って式進行させて頂きますのでご安心ください。
一般的な葬儀・告別式のタイムスケジュールは以下の通りです。
■9:00 親族の方の集合
■10:00 受付開始
■11:00 葬儀・告別式開式
■12:00 ご出棺
■13:30 お骨上げ(ご収骨)
■14:00 初七日
■15:00 ご散会

<シーン8 初七日法要>

本来、初七日法要とは、故人さまが亡くなってから7日目(亡くなる前日から数えて7日目のことも)に行う法要をいいます。しかし、最近では、葬儀に集まった親戚が再び集まることは負担になるとの配慮から、葬儀当日中に還骨回向と初七日の法要を併せて行うことがほとんどです。
法要の後、最後までお付き合いいただいた方へ精進落としの食事を用意します。

Copyright © 2011 桑名の葬儀場おりづるの森 柳屋総本店. All rights reserved