桑名市 斎場 葬儀 準備 手順 料金 見積もり 相談

おりづるの森HOME > 葬儀の準備手順

葬儀の準備手順

初めて葬儀の準備を行うあなたへ

「準備は必要とわかっても、罪悪感でなかなか踏み出せませんでした」

ある相談者様Aさんがおっしゃった言葉です。
入院中のお母様は医師から余命三ヶ月と診断されていましたが、Aさんは告知すべきかどうか悩んでいまし た。お母様はそれを知らないまま治療を続けていましたが、容態は日に日に悪化の一途を辿ります。 そしてある日、お母様は病室でAさんにそっとこう告げました。
「もう長くないんだろ?ありがとうね。あんたにばっかり負担掛けて・・・これ以上あんたにばかり迷惑かけたくな いんだよ、私。お葬式とかはしなくていいからね。」

「必死でごまかしましたけど、ごまかしきれてなかったと思います。」とAさん。
こんな後味の悪い思いをするのなら、思い切って告知をした方がよかったのではないか・・・? そんな後悔の念で頭がいっぱいになるのと同時に、初めてお母様の口から出た「葬儀」という言葉。 Aさんにとって「葬儀」は、初めてで、何から手をつけていいものか、さっぱりわからない得体のしれないものでしたが、告知の件のような後悔はもうしたくないという気持ちが強かったそうです。

Aさんはどうしてよいかわからずに、県外に住むお兄様に電話で相談をしました。
「葬儀って・・・葬儀屋がしてくれるんだから、俺たちは任せておけばいいんだよ。それに、亡くなってないのにそんな話をするなんて不謹慎じゃないか!」

お兄様のけんもほろろな返答にAさんは困っていました。
「お葬式をしないって・・・、じゃあ母はどうなるのだろうか?」

インターネットで調べると、確かに葬儀をせずに火葬場へ直行する「直葬」といったものがあるようです。 また、事前に特定の葬儀社に見積りを出してもらう「事前相談」「事前準備」といったものもしておいた方が良 いことを知りました。
しかし、いざ葬儀社に接触をしようにも、実際にお母様を自分が殺してしまうかのような感覚があったそうで す。お兄様の「不謹慎」という言葉もわからなくもありません。 しかしながら、いざという時、慌ててわけもわからないままお母様を見送ることだけは避けたいという想いから、 勇気を振り絞って当社にご連絡をいただきました。

Aさんが教えてくれたこと

確かにお葬式について事前に準備や相談するのはとても勇気のいることです。
しかも相談するのは普段から付き合いがあるわけでもない、見ず知らずの「葬儀社」です。 素性も知らない相手に、大切な家族の相談を持ちかけるのですから気軽にできるわけがありません。

私たちには、葬儀のプロとして「お客様の勇気」に応える使命があります。

お客様の振り絞る勇気に応えるために何が必要か?
それにはまず、「役に立つこと」が必要だと考えました。そこで、何から手をつければ良いかわからない方に 「葬儀の準備手順(チェックシート)」を公開しています。  

Copyright © 2011 桑名の葬儀場おりづるの森 柳屋総本店. All rights reserved