桑名市 斎場 葬儀 準備 手順 料金 見積もり 相談

おりづるの森HOME > 葬儀の準備手順

ステップ4 【費用について】

【手順1】 葬儀の費用の構造を知る

葬儀に掛かる費用には、以下の四つの項目があります。 これらを総称して「葬儀費用」といいます。諸費用項目、変動費用に関しては各葬儀社によって価格の設定はまちまちです。最終的には葬儀社に見積書を作成してもらってから把握できることが多くありますが、 ここでは基本的な見積の構造を把握しておきましょう。

費用について
◆諸費用項目とは

呼称は各葬儀社によって異なりますが、葬儀を執り行うにあたり必要となる項目を指します。
1.儀式を執り行うのに必要な費用・・・祭壇、生花、遺影写真、受付用品、人件費、枕道具、骨上げ道具
2.ご遺体の状態を保つために必要なもの費用・・・柩、ドライアイス、湯灌、白装束など
3.移動に関わる費用・・・寝台車、霊柩車、マイクロバスなど

◆変動費用とは

参列者の数によって変動する費用です。主に返礼品と食事を指します。
1.通夜返礼品・・・通夜に弔問に来られた方にお渡しする品物
2.会葬御礼品・・・葬儀に会葬に来られた方にお渡しする品物
3.お礼状・・・会葬御礼品につける礼状
4.通夜食事・・・通夜終了時に用意する食事。主に親族の分だけが多く、助六寿司や巻きずしなどが大半です。
5.告別式食事・・・昼時に用意する「精進料理」と初七日後に用意する「精進落とし」があります。

※通夜返礼品・会葬御礼品などの品物類は、葬儀に参列する方の人数確定が難しいため、見積上では多めに算出することが一般的です。
また、使用しなかった品物は返品が可能であることが一般的であり、請求時には返品分はマイナスして請求されます。

◆実費費用とは

役所等への手続きに掛かる費用です。
1.火葬料金
2.火葬時待合室料金
3.北大谷斎場使用料
4.北大谷斎場祭壇費用

◆宗教者御礼とは

式典を取り仕切って頂いた宗教者様へお渡しする御礼です。仏式の場合は「お布施」と呼ばれるものがこれに該当します。

<ワンポイントアドバイス>

◆宗教者御礼の「お布施」について

お客さまから「お布施っていくら払えばいいんですか?」という問合せは非常に多くあります。
こういったお声が年々増えてきているようですが、最近では流通大手イオンが消費者に対してお布施に関する情報提供を行ったことが、仏教界に大きな波紋を投げかけ話題となっています。
参照:「宗教介入だ」仏教界困った イオンの葬儀サービスが「お布施」に目安
(産経新聞平成22年7月2日1時10分配信)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100702-00000505-san-soci

お布施に関して困っている方の傾向として以下のケースがあげられます。

@お布施には、もともとはっきりした料金体系がないので金額を決めかねる

もともとお布施というものは、金銭に限ったことではなかったようです。僧侶が仏法を教示することを「法施」といい、それを受けた人が僧侶に衣食金品を与えることを「財施」といい、葬儀のお布施は、この「財施」に該当するといえます。(参照:浄土真宗のお布施 http://www7.ocn.ne.jp/~kokubo/alms4.htm#SS1
この財施は、「感謝の気持ちがこもっていれば何でも良い」という考えから、「定価がないものになった」という経緯が推測できます。

Aお布施について人に聞きにくい

「親戚に聞くとそんなことも知らないのかと笑われそうで・・・」 「お寺様に聞くのは失礼ですよね?」
気持ちがこもっていればいくらでもいい・・・とはいうものの、常識的な範囲に収めて事なきを得たいといったお客様は非常に多くいらっしゃいます。
まずは親戚筋から情報収集をしてください。そのご親戚様もきっと苦慮されたはず。何かと有益な情報は得られると思います。 それからお寺様に直接聞くことは失礼にあたるかどうかというと、個人的な意見ですが失礼にあたらないと考えます。意外と直接聞けばある程度の目安を伝えてくれるお寺さんが増えていると思います。

Bお布施の本来の意味が伝えられていない

「通夜・葬儀の二日間で○○万!高い!」といったご意見もよく聞きます。しかしながら、お布施はお寺様の労働対価として支払うものではないという基本原則があります。
この基本を踏まえた上で、お布施に関しての準備を整えることをお勧めします。

Copyright © 2011 桑名の葬儀場おりづるの森 柳屋総本店. All rights reserved