桑名市 斎場 葬儀 トラブル 相談 見積もり

おりづるの森HOME > 葬儀のトラブル事例1

葬儀のトラブル事例1

■消費者からの相談事例

契約・解約に関する相談

【事例1:虚偽説明】
身内に急な不幸があり、病院指定の葬儀業者に遺体の引きとりをお願いした。葬儀のことを決める時に、冠婚葬祭互助会に加入している旨を伝えたところ、それを利用できるという説明を受けたので、当該事業者にお願いしようと考えたが、こちらが調べると利用できないことが判明したので断わった。しかし事業者からは10万円という違約金を請求され不満。クーリングオフはできないか。 (60歳代、男性、給与生活者)

【事例2:無断でサービスを追加】
パック料金の葬儀を、パンフレットを見せられ口頭で依頼したが、後日、割高な請求書が届いた。無断でドライアイス、献花、雑費等のサービスを付加され、追加請求されている。納得できない。書面で見積もりはもらっていない。(40歳代、男性、自営・自由業)

【事例3:無断で葬儀を施行】
父の葬儀で依頼した覚えのないサービスや商品を付けられ高額の請求をされた。病院から自宅までの搬送を頼んだのに、勝手に葬儀の準備に入ってしまった。一番安いランクでよいと伝えたのに次々付属品がついて高額になった。会葬者へのお礼書も100枚と伝えたが、足りないと失礼になると言われて300枚も作ってしまった。斎場職員への心付けを5千円の3人分と強要されて渡した(30歳代、男性、給与生活者)

■これらのトラブルを避けるには?

非常に痛ましい内容の相談だと思います。   「葬儀」は非日常の出来事です。そう何回も経験することではありませんので、何をどうすればよいかを適切に判断することは非常に難しいと思います。それに加えて時間の余裕がないことへの焦り、「大切な家族の死」という精神的ダメージがいつもの判断能力を鈍らせます。
この事例で問題となるのは「見積書」に関してだと思います。

⇒まずは、「見積書」をしっかりと提示させること。

葬儀の費用は複雑です。日常生活で聞きなれない言葉もたくさんあります。
見積書を作成する上では、葬儀社もある程度の説明が必要になりますので、その説明を受けて「わかりにくい」と感じたらその都度その場で説明を依頼してみて下さい。

⇒「わかりにくい」と感じたら、何度でも聞き返すこと。

そこで、相変わらずわかりにくい説明を繰り返す、あるいは相手の態度がめんどくさそうであったり不誠実さを感じさせる場合は、その葬儀社には依頼しない方が賢明です。
葬儀は一般的に通夜・葬儀と二日間で執り行います。また、日程の都合上、葬儀を終えるまでそれ以上の日数を要すことも稀ではありません。つまり、最低でも葬儀を終えるまでは、葬儀の担当者と関わらなければならないということです。
相手が「わからない」「不安だ」と思うことにしっかりと向き合えない担当者が、納得するサービスを提供できるとは思えません。

さらには、こんな事例もあります。

葬儀経験のある消費者に聞きました。

【葬儀サービスの取引実態に関する調査報告書】 P32「図表36 見積書の交付状況」「図表37 見積書の交付状況」より

グラフ

有効回答数=397(消費者モニターアンケート調査)

葬儀業者に聞きました。

グラフ

有効回答数=1,030(事業者アンケート調査)

■このデータは、公正取引委員会が平成17年7月に発表した【葬儀サービスの取引実態に関する調査報告書】です。http://www.yukige.co.jp/img/topics-img/topics/05072701.pdf

■見積書が交付されないケースが3割も!?

上の図が「消費者」が答えた結果で、下の図が「葬儀業者」が答えた結果です。
  この調査は、消費者が依頼した葬儀社と右の質問に回答している葬儀社は同じ葬儀社ではありませんのであくまでも全体的な傾向として見るのが良さそうです。
他の業種で考えれば、100%に近い割合で交付されるべき「見積書」が、「頼まれなければ出さない」「頼まれても出さない」という葬儀社が存在しているということが驚きです。また、「交付されなかった」と回答した消費者の中には、「交付はされたが、見積書と呼べない」という「見積書の質」の問題も含んでいるのではないかと思います。
見積書が交付されないまま葬儀を行うということは、一体どんな内容の葬儀が、いくらで行われるのか全くわからないということです。まるで、何も調べずに価格も見ずに車を購入し、目隠しして運転するようなもので、トラブルが発生する可能性が非常に高くなります。
こういった「見積書の意識が低い葬儀社」に当たってしまわないために、最良の選択は「事前の見積」を取っておくことです。

⇒葬儀社に「事前見積」をとる。

トラブルを回避する最良の選択は「事前の相談」「事前の準備」に尽きます。

Copyright © 2011 桑名の葬儀場おりづるの森 柳屋総本店. All rights reserved